ガーデニング(植栽図鑑)

ワイヤープランツ

waiya-purantu.jpg

 

【分類】常緑低木

【科名】タデ科

【別名】ミューレンベッキア

【特徴】

枝が針金のように細いことからワイヤープランツと呼ばれています。針金状の枝に丸い小さな葉をいくつもつけ、見た目にも可愛らしいのが特徴です。見た目の柔らかさとは違い強健で育てやすく、寄せ植えやグランドカバーとして人気の観葉植物です。                    

【育て方】

水はけの良い土が適しており、土の表面が乾いてきたら、たっぷりと水を与えます。水切れを起こすと、葉が乾燥してしまいチリチリになり、枯れてしまう原因になります。適度に葉水も与えると良いようです。0℃まで耐えることのできる耐寒性に優れた植物で、あまり日の当たらない場所でも育てることができます。霜が当たるとカラカラに乾燥してしまいますので、霜に当たらないように注意が必要です。生育期である春から秋にかけて、液体肥料を与えます。植え替えは5・6月と9月が適しています。 

お電話でのお問い合わせ 087-874-0348